ストレス頭痛が後頭部で起きた時の治し方とは?

ストレス頭痛に効くについて

 

ストレス頭痛は、側頭部に起こりやすいそうですが、
後頭部が痛いということもあります。

 

もしも、後頭部が痛いということになったら
どんな風に対処するべきなのか、治し方を調べました。

 

 

ストレス頭痛が後頭部で起きた時の治し方

 

ストレス頭痛に効くについて

 

ストレス頭痛は、頭の側頭部が痛くなったりする頭痛です。

 

しかし、側面だけではなくて後頭部まで痛みが広がる、
という方が結構多いんですよね。

 

頭痛薬が飲めない時や外出先で痛くなった時などの治し方は、
冷やすという方法です。

 

冷やす時は、保冷剤が一番良いのですが、それがない時は
氷や冷たいペットボトルや缶ジュースをタオルに挟んで
頭の痛い部分に当てることで冷えて、血管拡張が収まります。

 

冷やすと血管拡張が落ち着き、同時に痛みも治まるので、
あまり動かずに様子を見るようにしましょう。

 

痛みがだいぶ落ち着いたなと思ったら、動き出したり、
水分補給をしたりして、また痛みが出ないようにしましょう。

 

 

ストレスを溜めないようにしよう

 

ストレス頭痛に効くについて

 

ストレス頭痛も、後頭部が痛くなるストレス頭痛も
ストレスが蓄積しすぎると起きやすいそうです。

 

後頭部のストレス頭痛の原因には、睡眠不足も関係していて
治し方を考えると、毎日6時間以上寝るようにしなくては
いけないですね。

 

睡眠不足だと思ったら、時間がある時に疲労をなくすようにして
ストレスや疲労を蓄積しないようにするのが治し方になります。

 

病院で薬を処方してもらうという治し方もありますが、
副作用があったり、持病がある方は飲めないということもあるので
毎日しっかりと睡眠をとるようにしたり、上手にストレスを
発散出来るようにしましょう。

 

医師にも言われることが多いようですが、
後頭部のストレス頭痛がある方は、痛みがない時に
体を動かすようにすると、痛みが出る回数が減るそうです。

 

運動を行うことで、血流が促進され、質が良い睡眠も取れて
代謝もアップしますので、運動はいろいろな病気予防になります。

 

運動を行う時に気を付けなくてはいけないことは、
後頭部のストレス頭痛がする時はしてはいけないということです。

 

痛みがある時に体を動かすと血管がもっと拡張してしまって
どんどん痛みが強くなりますので、痛みがない時に運動しましょう。

 

ストレス頭痛でも目の前が真っ暗になってしまうような痛み、
痛みと共に手足のしびれがある、ということが起きたならば、
もしかしたら他に大きな病気が関係しているのかもしれません。

 

その時は、早めに病院に行くようにしましょう。

 

 

ストレス頭痛 ランキング